苫米地英人博士の『超高速脳ブートキャンプ』実践効果体験談【高額教材レビュー】

超高速脳ブートキャンプ

どうもJoy@そろ勉です。
今日は、天才脳機能学者・苫米地英人博士の『脳のCPUをハイスペックに変える!超高速脳ブートキャンプ』の実践レポートをお届けします。この教材は、簡単に言うと、脳のクロックサイクル(情報処理速度)を高めるためのトレーニング教材です。

脳の情報処理速度を高める意義

時間というのは万人に平等に与えられているものですが、頭の回転(クロックサイクル)の速い人と遅い人とでは、同じ時間でも体感する時間は異なってきます。

頭の回転が遅い人が何時間もかかる仕事を、クロックサイクルが速い人だとその何分の1かの時間で処理することができます。新入社員がモタモタと3時間くらいかけてやる仕事を、ベテランの優秀な社員であれば、30分で終わらせるというのはよくある話です。

これを圧倒的な次元で高速化しよう、というのがこの教材の目指す所です。

オメガトライブ『オメガトライブ』という漫画を読んだことがある方は、あの中に出てくる“クロックアップ”した状態を思い出してもらえば分かりやすいです。『オメガトライブ』を読んだことがない方はスルーしてください(笑)

ちなみに、『オメガトライブ』は、かなり面白いのでオススメですよ。Joyのベスト漫画20には入る傑作です。カリスマとか、洗脳ちっくな話も多いので、苫米地博士が好きなら人なら間違いなくハマると思います。

「超高速脳ブートキャンプ」はどんな教材か?

苫米地博士の教材を一度でも購入したことがある方なら分かると思いますが、書籍では語られないハイレベルの内容が手加減なしでダダダーッと語られます。この教材は、高速脳の実演も兼ねているそうで、いきなり計算機科学の話から始まります。

苫米地博士のDVDの講義は、抽象度の高い話が多いです。抽象度の高い話しから、徐々に抽象度を下げていくのが、博士の講義のスタイルです。この教材は、講義で理屈を理解した上でのトレーニングがメインとなってきます。『脳の残り97%の使い方:実践トレーニング編』とかもそうですが、この教材も、トレーニング教材が充実しているので、苫米地DVD教材の初心者の方にも易しい設計だと思います。

「超高速脳ブートキャンプ」の教材内容

苫米地教材

【教材内容】
■超高速脳ブートキャンプ講義DVD1【理論編】
■超高速脳ブートキャンプ講義DVD2【トレーニング編】
■クロックサイクルが速くなる!高速情報処理トレーニング倍速講義CD
■グレインサイズが変わる!同時並列処理トレーニング倍速クロスオーバーCD
■『バイリンガルは二重人格』(第一章~第三章)苫米地式速読トレーニングCD+テキスト

【Disc1】
超クロックサイクル高速化トレーニング 理論編
chapter 1 :クロックサイクルを高速化するために
chapter 2 :人間の脳は計算機、人間はコンピュータ
chapter 3 :天才達が行う潜在的情報処理

【Disc2】
超クロックサイクル高速化トレーニング トレーニング編
chapter 1 :タスク処理を速くするクロックサイクルトレーニング
chapter 2 :並列処理能力を高めるグレインサイズトレーニング
chapter 3 :平常時の能力を高め、爆発的に生産性を上げるトレーニング

「超高速脳ブートキャンプ」の詳細はコチラ

「超高速脳ブートキャンプ」の学び方

以下、お薦めの取り組み方です。

STEP1:
まず苫米地博士の講義(理論編)をノートを取りながら視聴して、きちんと内容を把握する。できれば、5回くらいは見た方がいいです。何度も見てるうちに(洗脳されて)脳の回転が速くできるような気がしてきます(笑)

STEP2:
トレーニング編の講義をノートを取りながら視聴して、高速な情報処理と同時並列処理を可能にするためのトレーニングを日々の生活に取り入れる。

STEP3:
STEP2で学んだことを実践しながら、付属の速聴CDと同時並列処理CDを通勤中や空き時間に聞き流す。

やることは以上です。とても単純です。

僕はDVDを見た直後から1週間くらい「同時並列処理トレーニングCD」を聴き続けてみましたが、かなり脳が覚醒した感じがしました。実際、本を読む速度や、ものごとを決断するスピードは、体感レベルでもかなり速くなりました。

以前に速聴のトレーニングをしていたことがあるので、すんなり入ることができましたが、速聴に慣れていない人は、それぞれの速聴CDを何回か聞いた後に、同時並列処理トレーニングに入った方がいいかもしれないですね。

公式サイトにも書いてあるように、「同時並列処理トレーニング」は最初はかなり疲れる可能性があります。しかし、急激に脳のクロックサイクルを高めるわけですから、慣れるまでは我慢してトレーニングを継続すべきです。1週間もすれば慣れてくるはずです。この状態に「慣れる」ということは何を意味するのか?それはつまり、処理速度がアップしているということです。それを考えてみれば、トレーニングする価値があるというものですよね?

教材を買って本当に効果があるのか?

教材を買っても本当に効果があるのか?これが多くの人にとって気になるところだと思います。以下、僕が考える、買わない方がいい人と買った方がいい人についてです。

買わない方がいい人

・苫米地博士の本を読んだことがない人
博士の本を読んだことがない人は、最低でも3冊くらいは博士の本を読んで、基本的な知識を押さえた方がいいです。
・苫米地博士の言うことが理解できない人
博士の教材を買って後悔した、という人の話を聞くと、大抵「言っていることがよくわからない」と言います。そういうことのないように、書籍を何冊か先に読んでおくといいですね。もしくは、DVDを分かるまで繰り返し観ることです。
・「結果が出るわけがない」と思っている人
何でも疑ってかかる人、否定から入る人というのがいますが、こういう人は、自らブレーキを踏んでいる状態ですので、いくらトレーニングをしても効果を感じにくいです。

買った方がいい人

・クロックサイクルを上げたいという強い気持ちのある人
そもそも頭が良くなりたいという強い気持ちがない人は、トレーニングも継続できないでしょうし、博士の言うことを理解しようという粘り強さもないでしょうから、オススメできません。
・きちんとトレーニングができる人
飽きっぽい性格で、こつこつとトレーニングを続けることができない人には向かないです。DVDを観た途端にクロックサイクルが速くなるわけはなく(理解の速い人は、多少は速くなるかもしれません)、トレーニングが必要です。きちんと継続できる人は、遅くとも1ヶ月もあれば効果を実感できると思います。効果が出始めても、トレーニングはやめない方がいいです。効果が出始めたら、さらにトレーングを加速させましょう。

さいごに

クロックサイクルが速くなると、短時間でたくさんのことを処理できますので、多くの結果を手にすることができます。また、同時に複数のことを考えることができるようになります。

この教材でトレーニングをすると、頭の回転が遅い人を見てイライラするようになるかもしれませんが、そういうときは、この教材をそっと渡してあげてもいいかもしれませんね(笑)

高速脳DVDの最後でも苫米地博士も述べていることですが、この教材の注意点は、講義を聞いただけで満足せずに「きちんとトレーニングをやる」ということですね。
「やるから効果がある」のです。

頭の回転をぶっちぎりに速くしたい方にオススメします。

「超高速脳ブートキャンプ」の詳細はコチラ

 

▲この方法をマスターすれば、「体感速度はいくらでも自由に変えられる!」(by苫米地英人)

苫米地英人博士の『幻想と覚醒』の感想【書評】

2014.01.20

苫米地英人博士の教材『残り97%の脳の使い方&ボイスミキサー学習キットー超実践トレーニング編』の感想レビュー

2013.03.20

【情報】わずか1年半で3億円事業を作った加藤将太さんの通常10万円セミナーが無料!?

2017.11.05

ジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』で成功マインドを反復学習!【オーディオ教材の最高峰】

2012.09.19
超高速脳ブートキャンプ

1 個のコメント

  • 僕もこの教材購入しましたが、たしかに1週間くらいのトレーニングで効果を実感しています。

    仕事の効率も格段にあがって自由時間が増えて好きなことをやる時間が増えたのが嬉しいです。

    本当は増えた時間でもっと勉強をするべきなのかもしれませんがー

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。